カテゴリー:マネー情報

2/2ページ
  • 2018.01.01

40代「お金に困らない10の習慣」を身に付ける

子育てや持ち家、親の介護、昇任昇格など公私ともに人生の転機を迎える40代。デフレ脱却といえでも給料も期待どおりには上がらず、長らく低金利が続き、マイナス金利政策の現状では預貯金のみでは資産は増えません。そうすると、お金に対する考え方を見直し、自らの考え方や行動を改め、「お金に困らない人」になる習慣を身に付けていきましょう。

iDeCoで元本保証・確保型を選ぶリスクと注意点

iDeCoは選ぶ商品によって将来大きな資産形成ができる人とそうでない人に分かれてしまいます。実に加入者の8割がこの元本保証型を選んでいるというデータがありますが、元本保証ならではのリスクや注意点もあるため理解した上で選びましょう。 まず、iDeCoには元本保証型商品と国内株式・海外債券・不動産・投資信託で運用する元本変動型商品の2つのタイプがあります。元本保証型の商品は大きく利殖を図ることは難しい […]

  • 2017.12.29

ふるさと納税のお得さをわかりやすく解説

所得税・住民税の控除 ふるさと納税にワンストップ特例制度が導入されて確定申告の手間が減ったことから、多くの人が利用するようになりました。一方で、テレビや新聞・雑誌で名前は知っているけど、何がお得かわからない方もいらっしゃると思います。                   ふるさと納税(寄付)をすると、寄附金額から2,000円を除いた金額が所得税・住民税から全額が還付又は控除されます。「確定申告」を […]

iDeCoの手数料と正しい金融機関選び方

iDeCoに加入する上で考えなければならないのが金融機関選びです。金融機関によって口座管理料が必要なところと無料のところがあり、手数料を抑えることが非常に大切になってきます。一般の銀行預金と異なり、iDeCoを始めるに当たり、運用時にも手数料がかかるため整理したいと思います。

公務員こそiDeCo(イデコ)デビューすべき。

堅実な公務員の方ほどiDeCoを始めないと損をします。iDeCoはご存知でしょうか?iDeCoとは個人型確定拠出年金という年金制度のことで60歳までの間に毎月一定の金額(掛け金)を出して、その掛け金で投資信託や定期預金、保険などの金融商品を選んで運用し、60歳以降に運用した資産を受け取るという個人年金です。