家計簿不要!30代の平均貯金額・貯蓄の目安と効果的な貯金術

30代は社会人になって10年以上経つわけですから、それなりに貯蓄ができている年代だと思います。

また、結婚や出産などライフイベントを多く経験するのも30代、中にはマンションや一戸建てなどマイホームを持つ方も周囲に増えてきているのではないでしょうか?

本記事では、人生のライフイベントを多く経験する30代の平均貯蓄額を紹介するとともに、1カ月でもしくは年間で貯金・預金に充てる割合や目安、そして、効果的な貯金方法を紹介したいと思います。




30代の平均貯金額 

金融広報中央委員会「暮らしなんでもデータ」の2015年(平成27年)勤労者世帯の世帯主年齢別貯蓄残高・貯蓄年収比によれば、30~39歳の平均貯蓄残高670万円です。

30代の平均貯金額

いかがでしょうか?思ったよりも高額ですか、それとも納得の金額でしょうか? 

当然ながら同じ30代と言っても30歳から39歳まで幅がありますし、年収も職種によって異なりますが、飽くまで平均値を算出したものです。

さすがに社会人経験が10年近く、又は10年以上あって貯金が全くないという状態では「いざ」というときに非常に困りますし、ご両親を頼るというのも段々と難しくなってくる年代ではないでしょうか。

 

20代で既に結婚をしてお子さんがいらっしゃったり、マイホームを持つと一時預貯金が少なくなる場合もあると思いますが、未婚・既婚・子なし・子ありに関わらず、使い道はそれぞれで異なるにしても手元に現金があるということが本当に大切です。

そろそろ結婚が頭をよぎっても式を挙げるにも旅行に行くにも先立つものはお金です。転ばぬ先の杖ではありませんが、毎月の給料や臨時のボーナス、そして、年末調整の還付金を計画的に貯蓄しましょう。

 

 

収入から預貯金に回す割合・目安

1カ月の手取り収入の25%を預貯金に回すのが目安であり理想です。これは未婚・既婚等の世帯状況や年収別ではありません。

ただ、毎月は難しいということであれば、ボーナスを含めた年間の手取り収入の25%を預貯金に回すことを目標に定めてください。それでも25%は厳しいという場合は20%を目標に頑張ってみてください。

やらないよりも実践したほうが絶対に良いです。後に記載する積立貯金の仕組みを作ってできるだけ早く始めましょう。

 

家計簿は不要

最近ではスマホでも家計簿アプリなど便利なものも出回っていますし、書店にいけば山ほど家計簿を目にすることができます。でも最初はきちんと整理していても段々と入力するのが面倒になったり、記帳するのが面倒になり断念する人が大勢います。

そもそも家計簿を付ける目的は「お金の見える化」です。何にいくら使っているかを記録して使途不明金を無くすこと、無駄遣い自己監視するために行い、家計を健全化して貯金を増やすために行うものです。

しかし、上記のとおり、年間収入の25%を貯金すると決めて、財形貯蓄や銀行積立を設定すれば、お金を計画的に貯めるという目的は達成していますから、残ったお金は美味しいレストランに行っても、ヨガなど習い事に掛けても、子どもの洋服や遊園地に行っても、美味しいスイーツを買っても、好きなバッグを買っても用途は自由です。

日々のストレスも掛かりませんし、好きなものに使えるのって嬉しくないですか?

加えて、何年後には何百万円という貯金額達成が明確になっているのです。

 



 

積立貯金・先取貯金

会社勤めの方は、勤務先に財形貯蓄制度があるかご確認ください。財形貯蓄制度を利用できるであれば、給料から天引きで貯金してくれるため、意志の弱い方でも簡単にお金を貯めることができます。

また、給料の振込口座の金融機関で自動積立定期などの商品がありますので、ホームページ等でご確認ください。

(参考:三井住友銀行)

三井住友銀行の定期預金・積立預金。特典付積立〈りぼん〉についてご案内します。…

 

例えば、年間の手取収入が400万円の方は、年間100万円が目標貯金額です。

この金額を達成するためには毎月約8.4万円を積み立てる必要があります。

ボーナスが支給される方であれば、年2回のボーナスから30万円を貯金に回すことができれば、毎月の貯金額は5.8万円に減額できます。

このようにボーナスからの貯金に回す金額を増やせば毎月自由に使えるお金は増えますので、どちらが良いかはご自身の生活スタイルや年間のイベントを考慮して決めてください。

 

また、年間を通して決まっている支出というものがあると思います。

例えば、

  1. 自動車の税金
  2. 自動車保険の年払い
  3. 固定資産税
  4. 生命保険の年払い 等

このような固定費に近い支払は、必ず支出することが決まっているため、あらかじめ先取貯蓄をして準備をすることをお勧めします。

例えば、毎年納付する自動車税が4.5万円だとします。

請求は例年5月上旬ころに送付されますが、5月の給料から一度に4.5万円も支払うのは厳しくても、これを1年で準備すると毎月3750円ですから懐はそんなに痛みません。

支払時期や金額が分かっているものについては計画的に先取貯金をすることで、請求書が来ても慌てずに済みます。

 




最後に

食費や固定費・娯楽費・小遣いなどの平均値を出したデータはありますが、参考にするだけで実践する必要性はありません。

美味しい食事を楽しみたい方は食費は増えますし、旅行を楽しみたい方は娯楽費が当然増えます。どこに価値観を置くか、何にお金を掛けるかは自由です。

家計簿不要。効果的な貯金方法

 

上でも書きましたが、預貯金額の目標を決めて積立を強制的に実行すれば、勝手にお金は貯まりますので、かえって将来への不安は少なくなりストレスも溜まりません。

 

(関連記事:教育費の貯め方と晩婚夫婦の家計リスク)

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 子どもが生まれて考えなければならないのが教育費です。教育費を貯める、準備する目的は大学進学のためと言っても過言で[…]

教育費の積立て、貯め方、晩婚夫婦の家計リスク