セキスイハイムの新築戸建て・新生活に必要な費用と正しい資金計画の立て方




マイホームの資金計画を万全に立てたつもりでも、新居への入居に伴い様々な出費が重なり、通帳の残高が底を尽きるなどピンチに陥ることも少なくないようです。

せっかく新しい夢のマイホームを手にしたのですから、貯金が少なくなる心配と、重くのし掛かる住宅ローンの返済に不安にならないような正しい資金計画を立てる必要があります。

 

マイホームを手に入れた後に、次のように生活スタイルが変わったという声をよく聞きます。

  • 趣味にお金が掛けられなくなった
  • 家族旅行に行けなくなった
  • 好きなブランドの服が買えない
  • 外食の数が減った
  • パートに出ることにした
  • 残業を増やさないと生活が苦しい
  • お小遣いが減った

多少の節約は必要かも知れませんが、家を建てた後の生活を考えて、頭金をどれくらい出すかを決めなければ、手元のお金が少なくなり、不安とお金のことばかり考えて生活することになります。

現実にマイホームを持っても、生活にゆとりがある人と、生活が苦しくなって心とお金に余裕がなくなる人と2つのケースに分かれますが、それは家を建てる前の最初の資金計画が正しく立てられているかどうかが大きく関わっているのです。

新生活に必要なお金・資金計画の立て方

 

誰も資金計画の正解を教えてくれないために、多くの人は失敗して、安心できるはずのマイホームが足枷や負担になっているのです。

本記事では家を建てる費用の他に、入居にあたりどのような出費が必要かを紹介し、自己資金の考え方と資金計画の立て方についてアドバイスをしたいと思います。

それでは、旧居から新居に移転するまでにどのような出費が必要になるか整理していきましょう。

→「セキスイハイムの新築戸建て・新生活に必要な費用と正しい資金計画の立て方」の続きを読む

広告