太宰府天満宮で一蘭の合格ラーメンを食べる

太宰府天満宮で一蘭の合格ラーメンを食べる

博多発祥の豚骨ラーメン「一蘭」は九州をはじめ、東京、関東、海外へと事業を展開しています。

もともと一蘭は、常連を会員制としたラーメン店でした。味を引き継ぐため現社長の吉冨学が創始者に懇願して福岡市南区の「那の川店」を開店したのがはじまりです。



味集中カウンターも初めて見たときは驚きますよね。正面は簾が降りています。

太宰府天満宮で一蘭を食べる。合格ラーメンでゲン担ぎ。

さて、この太宰府参道店は他の「一蘭」のラーメンとは少し異なることがあります。

合格どんぶり

太宰府天満宮は学業の神様「菅原道真公」を祭った社です。全国から多くの受験生が志望校の合格祈願に訪れる神社です。合格祈願に‥

→「太宰府天満宮で一蘭の合格ラーメンを食べる」の続きを読む

グルメカテゴリの最新記事