玄関に窓は必要?窓を付けるメリットとデメリットを考える

玄関に窓は必要?窓を付けるメリットとデメリットを考える

玄関に窓を付けるかどうか迷うところではあります。明るい玄関にしたいならば付けた方が良いのでは?と思うけれど、一方で隣に家がある場合など立地条件や周辺環境次第では採光も無意味ではないかとの考えもあります。今回は玄関に窓を付けるかどうか、玄関に窓があること(ないこと)のメリットとデメリットについて考えます。




窓があることのメリット

採光〜明るい玄関

窓があることで光が入ることのメリットがあります。玄関に観葉植物を置く場合でも窓からの光を受けられます。

玄関に窓は必要か?メリットとデメリット

プライバシーを守りつつ光を取りれたいので、型板ガラスの採用をお勧めします。型板ガラスとはその表面に小さな凹凸を作ることでガラスが半透明に見えるようになっているデザイン性のあるガラスです。凹凸加工をされた型ガラスの特徴としては、ある程度の目隠し効果もありながら、外の光をよく取り入れることができます。

玄関に窓を付けるメリットとデメリット

【参考画像:日本板硝子】

玄関や浴室・トイレ・台所の窓などに「かすみ硝子」を採用することが多いです。道路に面している部屋や・・

→「玄関に窓は必要?窓を付けるメリットとデメリットを考える」の続きを読む

 

セキスイハイムカテゴリの最新記事