マンションを相場より高く売るコツ

マンションを相場より高く売るコツ

消費税の値上げ前の駆け込み需要を狙って不動産業界はにわかに活気付いています。 それは決して都市部に限ったことだけではなく,筆者の様な郊外(ベッドタウン)に住む中古マンション市場も同様です。手放す理由は違えど,愛着のある大切な資産ですから,出来るだけ高く売却したいと思うのはオーナーなら誰もが同じ。筆者が地域の中古マンション相場より500万円高く売却できたコツを紹介します。

複数の業者から査定を受ける

地域の不動産屋一社のみの査定では,売却見込価格の相場が分かりづらいです。加えて,戸建ての売却が得意な業者やマンションに特化して力を入れている業者もあります。得手不得手を理解して大切な資産の売却を任せる業者を比較しましょう。インターネットで一括査定を依頼すると大手仲介業者から連絡がきますので,業者の対応を比較して媒介契約を結ぶことが大切です。

机上査定と訪問査定

大手の業者であれば地域の取引事例を多く持っているため,取引事例と比較しておおよその成約価格(見込価格)を提示します。そこで訪問査定を受けて設備や物件の状況を踏まえて売出価格の提案を受けます。余りにも相場より高く査定を付ける業者もあります。買い手としては嬉しいのですが市場価格からかけ離れていると結局買い手が付かないということもありますので冷静に見極める必要があります。

売出価格の重要性

媒介契約を結んだ不動産業者と売出価格を相談して決めることになります。地域の相場より,かけ離れた売出し価格を設定するのも,弱気で安い価格に設定するのも問題です。
余りに高い価格であれば,内覧希望者が現れずに時間だけが過ぎていく可能性があり,価格更新の際には大幅に値下げする羽目になります。弱気で安い価格を設定して直ぐに売却できてしまえば,嬉しい反面もう少し高い価格でも良かったのでは?と後悔してしまいます。
また,数十万~100万円の値引き交渉は必ずあるものとして売出価格を考えた方が賢明です。最初から値引き交渉余地分(50万円程度)を上乗せすることもコツの一つです。

内覧前の修繕・クリーニング

居住したまま売却するときは入念な掃除やプロによるクリーニングをお勧めします。様々なサイトや不動産業者は少し片付ける程度でよく,修繕にお金を掛けるよりも修繕費用分を値下げした方がよいとしています。しかしながら,キズや汚れが少ない方が好印象なのは間違いありませんし,築浅の物件ほど内覧者は「綺麗だろう」という先入観があります。その期待を裏切らない程度に片付けやクリーニングをしておくことが望ましいです。

筆者は内装リペア業者に依頼をして,窓枠の結露のシミやフローリングの凹みキズ,洗面台の欠けを修繕しました。また,和室の畳の表替えを行い,クロスの壁紙も貼り直してもらいました。総額10万円程度の修繕費用を掛けましたが,内覧者は新しい畳の香りと明るい和室のクロスを気に入ってくれました。

まとめ

マンション売却後に別の物件を購入する場合や残債を完済する場合には,最低でもこの金額で売却したいという希望金額があると思います。売却までに期間的な余裕がある場合もあれば,切羽詰まって売却しなければならない場合もあるため一概には言えませんが,希望金額を大切にして近付ける努力も必要です。不動産業者のアドバイスは参考にしながらも決して鵜呑みにせずに自ら情報を収集することも大切だと思います。

マンション売却カテゴリの最新記事