水廻り設備・ホテルライクな洗面室の作り方と洗面化粧台の選び方

水廻り設備・ホテルライクな洗面室の作り方と洗面化粧台の選び方




洗面室は毎日使用するスペースで、一日の始まりと疲れ癒す上質でゆったりとした気分にさせてくれる機能性・デザイン性を兼ね備えた洗面化粧台を採用したいものです。できれば「ホテルのような」パウダールームが理想です。どのような商品があるのか、どのような空間づくりをすればホテルライクな洗面室になるのかをご紹介します。

メーカー選び

筆者は数あるハウスメーカーの中から、セキスイハイムを選びましたので、同社の提携設備メーカーとして、リクシル、パナソニック、タカラスタンダードの3つの設備メーカーを紹介されました。いずれも特色がありますので、ショールームに行って一目惚れするものに出会ったら、予算と兼ね合いが付けば採用をお勧めします。今回は筆者が最後まで迷ったリクシルとパナソニック洗面化粧台をご紹介します。

リクシルの人気商品

ルミシス/ボール一体型

リクシルの中でもハイグレードな商品で、ホテルライクな空間造りに最適です。高級志向な方には是非選んで頂きたいと思います。扉もハイグレードの品番を選ぶことで理想の大人の空間に仕上がること間違いなしです。

「水廻り設備・ホテルライクな洗面室の作り方と洗面化粧台の選び方」の続きを読む

 

インテリアカテゴリの最新記事