【LIXIL】エコカラットのメリットばかりじゃないデメリットも紹介(性能・費用・施工例)

本物のタイルと見間違うほど高級感があり性能の高いリクシルのエコカラットは、新築やリフォーム・リノベーションに大活躍です。

スタイリッシュなもの、お洒落なものも数多く取り揃えられており、部屋のアクセントにも一役買います。

部屋やエリアによって使い分けをすることで雰囲気が全く変わり、ワンランク上の空間づくりができます。

そんなエコカラットの費用や性能、デメリット、エコカラットとエコカラットプラスの違いを知った上で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、エコカラットの魅力はもちろんのこと、デメリットも紹介しますので、新築のマイホームにエコカラットの採用を検討する際の一助になれば幸いです。

 

性能

エコカラットには、大きく分けて、調湿性能・脱臭性能・さらにシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドやトルエンなどの有害物質を吸着・低減する3つの性能があります。

 

調湿性能

エコカラットは、「多孔質セラミックス」と呼ばれる素材でできた壁材です。

 

エコカラットには無数の微細な孔があり、その数は、1平米で東京ドーム約11.5個分にもなるといわれています。

 

それらの無数の孔が室内の湿度が高い時には、余分な湿気を吸収し、逆に乾燥している時には湿気を放出し、呼吸するように室内の湿度が一定に保つ働きがあります。

 

また、快適な湿度を保つことによりカビ・ダニの繁殖を抑制する効果が期待できます。

 

エコカラットは湿度を40%~70%に保ち、カビ・ダニを寄せ付けにくいだけでなく、喉や肌の乾燥を防ぐ室内環境づくりをサポートする働きがあります。

 

壁材の吸放湿は、珪藻土の約5倍あり、冬の暖房による結露を抑え、嫌な湿気をエコカラットが吸収してくれます。

エコカラットの脱臭性能は生活4大悪臭といわれる、トイレ臭・生ゴミ腐敗臭・タバコ臭・ペット臭の原因物質を短時間で吸着することなのです。

お子様がいるご家庭・男性の立ちスタイルでのトイレは想像以上に尿が飛び散っているものです。

 

トイレ臭のおもな原因物質はアンモニアであり、脱臭試験において、30mm角のエコカラットが3リットルものアンモニアを5時間で吸い取っています。

 

愛煙家の方には肩身の狭い世の中になっていますが、ご家庭でも同様かもしれません。

下図より、エコカラットを導入することによりタバコ臭に含まれる硫化水素の空気中の濃度が低減していることがお分かりになると思います。

エコカラットの性能

エコカラットの性能・メリットとデメリット

 

 

家族同然のペットですが、来客時などに気なるのがペット臭です。

エコカラットをリビングに貼ることでペット臭を低減するという効果も期待できます。

 

エコカラットのペット臭い対策
リンク先:LIXIL-エコカラット

 

 

エコカラットのペット臭い対策
イメージです

 

有害物質を吸着・低減効果

エコカラットは、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドなどの有害な物質を原料に用いていない壁材です。

 

そればかりか、家具や他の建材から揮発するこれらの汚染物質を吸着し、濃度を低減する効果があります。 

 

ぜんそくやアトピーなどの健康被害を引き起こすことがあると言われる有害物質を吸着する性能を持っていて、空気中の有害物質の‥

 

→「エコカラットのメリットばかりじゃないデメリットも紹介(性能・費用・施工例)」の続きを読む

セキスイハイムの家

新築戸建てやリノベーション、模様替えで理想の空間づくりに役立つアイテムがリクシル製のエコカラットです。「エコカラットとは…