ハウスメーカーの営業担当者との相性とハズレの営業社員

家を建てるという一大事業は、人生で何度もあるわけではありません。大抵の人は一度、多い人でも二度くらいです。一世一代の大金をはたいて家を建てる訳ですから、良い住宅を建てるためには良い営業マンと知り合う必要があります。ただし、ハウスメーカーの営業社員といっても千差万別ですから、必ずしも良い営業担当者と出会えるとは限りません。

相性の合う営業担当者と出会うのは運次第で、良い家が建つかどうかが左右されと言っても過言ではありません。施主が選んだセキスイハイムの場合は、営業担当者が施主の要望を聞いて間取りを提案するほか、インテリアやエクステリアの打ち合わせ、ショールームへの付き添いも担当します。

 



また、住宅ローンの手続や上棟、引き渡しに至るまで家づくりのほとんどの場面で関わります。それほど多くの時間を営業担当者と過ごすことになるのすから、上述したように良い家が建つかどうか、後悔しない家づくりのためには良い営業担当者に出会う必要があるのです。本記事ではハウスメーカーの営業担当者の決まり方やハズレの営業社員について説明しますので、これから家づくりを検討される方、住宅展示場への訪問を検討中の方、資料請求をされる方の参考になれば幸いです。

総合展示場での営業社員との出会い

週末に向けて新聞広告やハウスメーカーのホームページで、土日や祝日に総合展示場でイベントが実施されています。イベントが行われているときは展示場を訪問した際に最初に案内をした営業社員が、そのまま営業担当者になるのが一般的です。

展示場で案内を受けた営業社員と初対面になるわけですが、そこで肌が合いそうにない、強引さが気になる、誠実さを感じないと印象を持った場合には……

「ハウスメーカーの営業担当者との相性とハズレの営業社員」の続きを読む

セキスイハイムの家

家を建てるという一大事業は、人生で何度もあるわけではありません。大抵の人は一度、多い人でも二度くらいです。 一世一代の大…