初めての住宅ローン減税・控除の手続!セキスイハイム新築後の確定申告

セキスイハイムで家を建てた後、住宅ローンの返済を始めて翌年に待っているのが確定申告です。

「住宅ローン控除(もしくは住宅ローン減税)」という言葉を聞いたことのある方は多いと思いますが、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。

確定申告・住宅ローン控除

これは、マイホーム(土地・建物)を一定の条件の下でローンを組んで購入・建築することで、年末の住宅ローンの残高に応じて「税金が還ってくる」制度のことです。

税金制度や手続に詳しくない営業担当は、営業のキラーフレーズの一つとして「家を建てると10年間で400万円の税金が戻ってきます」等と大雑把な説明をして、あたかも家を建てると誰でも400万円が還付されるかのような誤解を与えているようです。

もしかして、家を建てて住宅ローンを組むことで、本当に400万円が還付されると勘違いしていませんか?

実際には、住宅ローン減税上限額の恩恵を受けることができる人は限られています。多くの人は実際に還付される金額を見て「聞いていた金額より少ない。思っていたより少ない」という感想を持つことが多いようです。

本記事では、一般の会社員(給与所得のみ)がセキスイハイムで家を建てた場合を想定して、住宅ローン控除の解説、確定申告の方法・必要書類等を紹介します。

還付金が「営業から聞いていた金額より少ない」と思う原因についても解説しますので、確定申告をする際の参考にしていただければ幸いです。

年末調整

そもそも会社員で確定申告をする機会はそれほど多くないと思います。

というのも、勤務先である会社が社員に代わって税金を給与から予定収入に応じた概算額で毎月税金を納めているため、年末に行う「年末調整」によって過不足が調整されます。

この年末調整があるために会社員は確定申告をしなくて済んでいるのですが、例えば、入院して医療が嵩んだり、寄付をしたり、家を建てた場合には、年末調整とは別に還付申告を行うことで、一度は納付した税金から還付を受けることができるのです。

家を建てると確定申告をするのはなぜ?

住宅ローンを組むと必ず金利(利息)を元本とは別に支払う必要があります。

固定型でも変動型でも数%の金利を10~35年に渡って支払いますので、その金利だけでも数百~1000万円近くに上ることがあります。

そこで、住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借りて住宅を取得する場合に、金利負担の軽減を……

「初めての住宅ローン減税・控除の手続!セキスイハイム新築後の確定申告」の続きを読む